イタリアのクリスマス

明けましておめでとうございます。本年もアミッシモをよろしくお願いいたします。

年末年始とおかげさまで忙しくさせていただいておりましてブログのほうはお休みをさせていただいておりました。今年も素敵なイタリアンレシピやイタリアの情報をお伝えしていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、今日は折角なのでイタリアのクリスマスのお話でも書いてみようと思います。

まあ、12月に入るとどこの町にもイルミネーションが灯ります。

世界で最も美しい広場10選に常連のアスコリ・ピチェーノの市民広場はこんなかんじでした。

Piazza-del-Popolo-Natale

スルモーナのクリスマス用のお店が並ぶ通りはこんな感じ。

natale-sulmona

とにかく、イタリアはこの時期、どこを歩いてもロマンチックなのです。

そして、各家庭ではクリスマスのためにいろいろなデコレーションで家を覆います。

イタリアの特徴的なデコレーションの一つ、ペルセーペは、聖キリストが生まれたその瞬間の様子を人形を使って表現したものです。聖書に登場する人物達を、各家庭ごとに配置を変えて毎年楽しみます。

ちなみに、今年の我が家のペルセーペはこんな感じでした。

ペルセーペ

お友達のおうちはこんな感じにかざっていました。

ペルセーペ2

キリストは24日の誕生の瞬間までおいてはいけないらしいです。

tavola

cenone-pranzo-natale

そして、友人たちを招き、24日は夕食、25日は家族、親族一同で集まり昼食から一日中スペシャルな料理を食べ、プレゼントを交換し、26日は聖ステファノという祝日を祝うため、また一日中食べ… と毎年クリスマスが終わるとイタリア国民はダイエットに入ります。そのあと、数日ダイエットは続きますが、31日に大晦日には大晩餐会、そして1日には新年の昼食会と続き、、、この時期、イタリアで生き延びるためにはタフな胃腸が不可欠です!

百聞は一見にしかず。皆様もどうぞ冬のイタリア、しいては、カトリックの国のクリスマスを体験しにイタリアにいらっしゃいませんか?いつもと違うイタリアの表情に、また一段とイタリアが好きになられるでしょう。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です